ケイゾク / 紹介

『ケイゾク』とは1999年1月に放送を開始したTBS系列の連続テレビドラマです。

「警視庁捜査一課弐係」それは、迷宮入り事件を「ケイゾク捜査」している部署だが、実際の所は「いわくつきの人間の吹き溜まり」だった。そこにある日、一人の女性キャリアが配属された。彼女がケイゾク事件を次々と解決し始めたことで、平穏だった弐係の日々は次第に狂い始めていく…「ケイゾク」のあらすじはこんなところです。

本放送時の視聴率はそれ程高くありませんでしたが、そのマニアックな展開・設定の面白さがその後ネットを通じて口コミで広がり、遂には続編の単発ドラマ『ケイゾク/特別篇』、そして完結篇ともいえる『ケイゾク/映画』が公開されるまでにいたりました。

主演は中谷美紀。演じる「柴田純」は遅刻魔で、捜査に夢中になると風呂に入ることも忘れるなど、中谷美紀のイメージを覆すような世間知らずで「天然」ともいえるキャラクターでした。
また、お目付け役であり、やがて柴田と深く関わっていくことになる先輩刑事「真山徹」役に渡部篤郎、他にも豪華なキャスト、そして新人などを起用しています。
特に渡部篤郎氏に関しては出世作の1つではないでしょうか。これでファンになった女性も多いはず。

そして監督の堤幸彦氏にとっても、これは出世作となっています。それまでも「金田一少年の事件簿」などで表現されていた独特な画面の切り方、演出がケイゾクで大きく認知されることになったように思います。

ケイゾクの魅力について細かくご紹介していくとキリがありません。ストーリ・役者・設定…あらゆる要素がケイゾクの魅力を作り上げています。今なお根強い人気がその面白さを証明しているのではないでしょうか。

まずは何より、ドラマをご覧下さい。そうすればきっと、あなたもこの魅力がわかるはずです!!